小児科

急性疾患の診療のほか、アレルギー性疾患や予防接種、健診にも力を入れております。

小児科では、風邪やインフルエンザをはじめとする急性疾患の診療のほか、アレルギー性疾患の診療、予防接種(※)、乳幼児健診にも力を入れております。

小さなお子さまの場合、自分の症状や状態をしっかりと伝える事が難しいです。
小児科の診療では、普段からお子さまの様子を見ている親御さまからの情報がとても重要です。
当院ではお子さまだけでなく、親御さまとのコミュニケーションも大切に診療を行います。
普段の行動で少しでも異変に思うことや気づいた点がありましたら、お気軽にご相談ください。
親御さまが早期に症状に気づければ、早期治療を行えます。

当院ではアレルギー性疾患の診療や眼のスクリーニング検査、ぜんそくの検査も行っております。
お子さまの健やかな成長・発達のためにも、患者さまの立場に立ち、患者さまの状態に適した医療を行います。

(※)は自由診療です。料金表をご確認ください。

 

アレルギーの診療

アレルギー疾患の多くは、乳幼児期で改善するのですが、症状の重症度によっては、思春期にまで続く方もおられ、早期から治療をおこなうことが大切です。元々お子さまが食物アレルギー等、様々なアレルギーをもって生まれた場合もありますが、ほとんどの場合、生活の中での必要な食べ物や生活環境から引き起こることが多いです。

当院では血液検査、皮膚テスト、誘発テスト等を行ってお子さまのアレルギー性疾患の状態を確認していきます。小さなお子さまは突然アレルギー症状を引き起こすこともあるので、「おかしいな」と思った場合、一度検査してみることをお勧めいたします。

お子さまのアレルギー性疾患を知ることは、お子さまが生活していく上でとても重要なことです。どのようなアレルギーを持っているのかを知ることができれば、症状の緩和や治療を行うことが可能です。お子さまのアレルギーについて何か心配なことや不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

 

ぜんそくの検査

ぜんそくは気管が狭くなる病気です。生活環境におけるダニや埃からアレルギー反応が起き、慢性的な炎症を繰り返すことでぜんそくになります。軽度の小児ぜんそくであれば、自然に収束することもありますが、そうでない場合、成人ぜんそくに移行することもあります。成人ぜんそくの場合、治療がとても難しくなります。

当院はぜんそくの検査で一酸化窒素ガス分析装置を使用しております。呼気中の一酸化窒素濃度を測定することで、気道の炎症状態を評価することができます。お子さまでも片手で持てるハンドルを使って呼出、吸気します。アニメーションで呼気流量の調節を行うことができるので、お子さまでもわかりやすく検査を行うことができます。

治療により呼吸機能を正常化し、本人が望むような生活環境に十分できるようになることで自分に自信を持ち、自分自身で健康管理ができるように成長することを最終の目標としています。

 

眼のスクリーニング検査

親御さんが普段からお子さんを見て気になる事があればお気軽にご相談してください。
普段の生活において目を細める、歩いているとつまずくなど、見間違いをよくする等、細かな異常を発見したら、一度検査を受けてみることをお勧めします。早期発見して適した時期に治療を開始できれば、お子さまの正常な成長発達につながります。視力障害はお子さまにとって頻度の高い問題の一つとなります。身近で見ている親御さまの小さな気づきが、お子さまの成長発達を守ることにもなるのです。お子さまの普段の生活で気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

当院は眼のスクリーニング検査において、携帯型レフラクトメータを導入しております。
小さなお子さまの場合、検査自体が難しくしっかりした検査を行うことが困難な場合もあります。ですが携帯型レフラクトメータを使用すれば、6ヶ月の乳幼児から診療室内で数秒の時間で手軽に検査をすることができるので、お子さまの負担にもなりません。

 

検査時に使う機器

アレルギーがないか調べる検査機器になります。

ぜんそくの検査を行う際に使用する検査機器になります。

目のスクリーニング検査で使用する検査機器になります。

 

お気軽にお問い合わせください。087-868-1200受付時間 9:00-17:45 [ 木曜午後・土曜午後・日・祝日除く ]

ネット予約はこちら